アニメ、漫画、ゲームのタトゥーを入れてみた

タトゥー

こんにちは。おしゃべり系YouTuberのけんた店長です。今回の記事は僕の身体に彫られているタトゥーの中で、アニメ、漫画、ゲームにまつわるモチーフのタトゥー達を紹介致します。

大人気TVゲームシリーズのfalloutからvault-boy

まずはこれ。僕の大好きなTVゲーム「falloutシリーズ」の作中に度々登場するfalloutを代表するキャラクターの「vault-boy」のタトゥーです。

日本語ではヴォルトボーイ、またはボルトボーイと読みます。

この少しサディスティックなデザインは、fallout3の実績のアイコンをそのままデザインに落とし込みました。かわいらしいヴォルトボーイと絶命したスーパーミュータントの生首とが素晴らしくキャッチーですよね(笑)

なぜこのデザインを入れようと思ったのかは、特に深い意味はないのですがシンプルにfalloutシリーズが好きだった事と、このかわいらしさに惹かれてです。ほんとにたいした意味はないです(笑)

逆にはXboxのコントローラーも入ってます

これは元ネタ知ってる人少ないかも…

次にこの脇の下あたりに入れたデザインです。これは少しマイナーなので知っている人は少ないかもしれませんが、一応アニメのワンシーンから抜き出したデザインなのです。

元ネタは「ファンタスティックプラネット」という古い海外のアニメーションなのですがかなりサイケな作品です。

HIPHOPの話題曲で志人さんとTABOO1さんの禁断の惑星という曲のMVに使われてたのでもしかしたらそれでなんとなく見た事がある人もいるかもしれません。

このファンタスティックプラネットと言う作品、進撃の巨人の元ネタなのではないかとの噂もあるようですよ…

興味がある方は是非御視聴下さい。

で、なぜこのモチーフをチョイスしたのかというと、なんか人間のちっぽけさとかを表現したかった的な…(笑)

まあこれにもそんなに大した意味はないです(笑)

忍殺の文字が…!!ということは…

最後はこれです。

背後に”忍殺”の文字が…(笑)

そうです我らが「ニンジャスレイヤー」です。フジキドさんです。

ただ作品を知っている人が見たら、「あれ?メンポに忍殺の文字がないよ!?」と思われる事でしょう。

なぜメンポに忍殺と入れなかったのかは、そうすると完全にニンジャスレイヤーになっちゃうので、あくまでも「忍者」というふれこみで、知っている人にはニンジャスレイヤーと認識できる…的な風にしたかったのです(笑)

なんだかややこしいですが一応拘りがあるのです(笑)そこまでニンジャスレイヤーフリークではないのでこのデザインとなりました(笑)

さて、というわけで僕の身体にはいくつかのアニメ、漫画、ゲームにまつわるタトゥーが彫られています。

見る人から見れば、「なぜそんなタトゥーを…?」と正気を疑うようなモチーフかもしれませんが僕はいたって正常です(自称)

日本ではまだまだマイナーではありますが「ヲタトゥー」と言うジャンルですかね。僕は他人から見てカッコイイ!と思われる事よりも、自分が好きな物をタトゥーに落とし込んで自己満足を楽しむタイプなのです。

というわけで今回は僕のタトゥーの紹介でした。ご閲覧ありがとうございました。僕のYouTubeチャンネルの方もよろしくお願いいたします。


人気ブログランキング

↑応援クリックがブログ更新のモチベーションになります(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました