タトゥー入れてすぐに日サロ&海に行って日焼けした結果…

タトゥー

こんにちは!ユーチューバーのけんた店長です。

今回はタトゥーと日焼けについての記事を書きます!!(#^^#)

「タトゥーを入れたら日焼けは良くない」

こんな事をよく耳にしますが、果たして本当なのでしょうか? もし何か悪い影響があるとすれば具体的にどのような影響が出るのでしょうか?

これに関しては刺青ともう10年ほどの付き合いになる僕も、なんとなく悪いんだろうな程度にしか考えていなかったのですが、先日僕のYouTubeチャンネルでの動画の企画で、「15歳から毎週欠かさずに日サロに通い続けている人」との対談をしたのです。

しかもその人は全盛期は週8回も日サロに通っていたそうです。ちなみにその日焼けフリークの方がこちらです。

右は僕で左がその彼

左の「ミスターX」なる彼がそうです。右にいる僕と比べるとかなり日焼けしているのが解りますね。ちなみに撮影日は12月なので冬です(笑)

というわけで一年中彼は黒肌をキープしています。そして両腕を見れば解る通り、彼はタトゥー愛好家でもあるのです。

タトゥー直後の日焼けは実際どおなの??

ここで一つの疑問が浮かびます。

「毎週日サロに行ってるという事は、タトゥーを入れた週も日焼けをするという事???」

その疑問に彼は「もちろんです」と回答してくれました。

むしろタトゥーを入れた週どころか、入れた二日後くらいに海に行ってガンガン日焼けをした事もあるそうです。さすがにその時はまだ入れたてで、タトゥーを彫った所が傷口のような状態なので、日焼けどうこうよりも海水等の雑菌の方が怖かったそうです…(笑)

「もしかしたらこれが最後の海かもしれない(雑菌の侵入により命を落とす可能性もあるため)」と悔いが残らないように海を楽しんだそうですが、海ってそこまでして行かなくちゃ行けないモノなのでしょうか…(笑) まあ若い時って命がけで遊んでた節もありますからね!(笑)

実際に海外でタトゥー彫りたてで海水浴をして、なんらかの細菌感染にて死亡してしまうという事故が起きています。真偽のほどは定かではありませんがあながち嘘でもないでしょうから、タトゥーの彫りたては雑菌が入らないように清潔に保つ必要はあると僕は考えます。

色は薄くなったりするの???

さて話が少し逸れましたがタトゥーを入れて二日後に海に行った事による日焼けの影響はどうだったのでしょうか?

しかし僕が彼のタトゥーを見た所、深刻な色飛びや色抜け等は無さそうでした。

Mくんもあまり日焼けによる悪影響は確認できていないとの事です。

ただし皮膚の皮がむけるほどの日焼けをしてしまった部分に関しては多少タトゥーの色が薄くなってしまったとの事です。

この事から考察すると、日焼け自体が全てタトゥーに悪影響を及ぼすと言うよりは、日焼けによって皮膚の皮がむける事がタトゥーに悪影響を及ぼすと言う事なのかなと。

日焼けをしていない腕の裏側はしっかり色が残っていますが、
皮がむけるほど日焼けをした腕の表側は少し色が薄くなってしまったそうです

そういえば僕もタトゥー入れてからグアム行ったりしてかなり日焼けしましたがさほど影響は無かったですしね。ただし皮がむけるほどの日焼けをした部分に関しては確かに少し色が薄くなった気がします。

結論!!

被検体が僕ら二人と少ないので確たる事は言えませんが、もしかしたらそこまで日焼けを気にする必要はないのかなと…。

ただし彫り師さん目線からすると、やはり日焼けした肌は「彫りづらい」と感じる方はいますので、ベストな状態で彫り師さんに刺青を彫って頂くためには、なるべく日焼けをしていない状態で彫りに行く方が良いと思います。

というわけで今回はタトゥーと日焼けに関して記事を書きました。

結論として、そんなに神経質になる必要もないが、皮がむけるほどの日焼けは確実にタトゥーに悪影響を及ぼすという事です。

なのでやはり噂通り、タトゥーと日焼けの相性は良くないという事ですね。

ただし適度な日焼けならばさほど影響はないようです。あくまでもこれは僕とMくんだけの体感なので「参考程度」にとどめておいて頂ければと思います。

ご閲覧ありがとうございました。けんた店長でした。


人気ブログランキング

↑応援クリックがブログ更新のモチベーションになります!(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました