タトゥーをガッツリ入れたサラリーマンの苦悩…。○○○○が怖い?バレるとどうなる?

タトゥー

こんにちは。YouTuberのけんた店長です。先日約2年ぶりにオフィスワークに復帰いたしました。

しかも前職の港区の会社と同じく、また都内の割りと大きめの会社です…。小さなこぢんまりとした会社と違って大きな会社は、やはりそれなりに堅苦しくキチッとしている所が多いです。

がっつり刺青でそもそも入社できるの?

前も、後ろも、刺青びっしりの僕ですが、そもそもサラリーマンなんてできるの!?面接で落ちるんじゃないの!?

…と良く質問されますが、実際のところオフィス系の仕事は何社も面接を受けておりますが、一度も刺青を理由に不合格になった事はありません。

まあスポーツジムのトレーナーは断られた所はありますけど(笑)

そもそも面接で「タトゥー入ってますか?」なんて聞かれた事などないです。もちろん可能性はゼロではないので絶対聞かれないよとは言いきれませんけど、普通はそんな事いちいち聞いてくる会社は無いですよね。

入社後の試練

さて、入社の際に関してはたいして問題にはならないタトゥーですが、入社してからに関しては、もちろんそれなりに苦悩はあります。

まずはやはり健康診断ですね…。これは大きな試練となるでしょう。

会社の健康診断の形式にもよりますが、運が良ければ服をめくる診断項目に関してはパーテーションなどで仕切りがあります。これなら同僚や上司にバレる心配はありません。

ですが運が悪ければなんの仕切りもないラフな健康診断スタイルにぶち当たる事も…。特に男性のみの職場とかは可能性高いですね。

更に健康診断で一番の壁は『採血』です。採血ばかりは腕をまくるだけなので、ほとんどの場合は仕切りなどはありません。

そのため腕に刺青が入ってる人は採血でほぼバレます。これが健康診断最大の難所、通称”刺青殺し”です(笑)

僕は身体は刺青びっしりですがまだ腕には入っていないという珍しい埋め方なので大丈夫でした(笑)

○○○○に一人だけ行けない…

さて、あなたがもしも無事に健康診断を乗り越えたとしても、刺青サラリーマンには更なる苦悩が存在致します。

「社員旅行に行けない」という事です。こればかりはほんとに悔しいですがどうしようもありません…。

そう。社員旅行に行くと言う事は、同僚や上司と寝食を共にすると言うことです。

まず浴衣が危険です。浴衣はふとしたときに素肌が見える危険性を孕んでいます。しかも思ったよりも深いところまで見えちゃうんですよね浴衣って…。

さらに社員旅行での最大の壁は『大浴場』です。女性ならば「生理だから…」等の理由で怪しまれずに部屋風呂に入れるかもしれません。

ですが男性には大浴場を違和感を与えずに回避する術はありません。

立派な大浴場があるのにも関わらず、「俺部屋風呂入るわ」なんて言い出した日には、どう考えても不信感を抱かれてしまいます。

もしも一人一人に部屋を取ってくれるようなバブリーな会社ならば回避できそうですけどね。

今時社員旅行がある会社なんてなかなかないですが、僕の新しく入った会社はなんと未だに社員旅行があるそうです…(´⊂_`;)

コロナでいけないみたいなので、とりあえず回避できましたけど…。

夏は緊張感MAX

意外と落とし穴なのが夏場の汗です。

白いYシャツは汗でいとも簡単に透けます。なのでインナーを着ないと大変な目に会います…。けどただでさえ夏のクソ暑い時にインナーを一枚追加するのって、余計に暑くなってほんと地獄なんですよね…。

そこでオススメはやっぱりユニクロさんのエアリズムです。僕はこれがないともう営業にも行けないし、お昼に外にランチを食べに行く事もできません。ユニクロさんほんとにありがとう(笑)

ちなみに白のエアリズムだと大量に汗をかいた場合、インナーごと透けてしまう可能性もあるので、色がついた物がオススメです。

出世の妨げになる場合がある。例えば…

さてサラリーマンの世界で出世をするためには、仕事が出来るだけでは難しいのです。

やはり一番は人脈。コネが重要になってきます。

飲み会や喫煙所などで色々な人とコミュニケーションを取る事で、思わぬ人脈が出来たりする事がありますが、なかでも出世の為に重要なのが『ゴルフ』です。

「出世したいならゴルフをやれ」などと上司に良く言われたものです。どうやらゴルフはスポーツとしてもコミュニケーションの場としても最適らしく、ある程度の役職がついてくるとどうしてもゴルフの付き合いがあるそうなのです。

ですが僕は誘われても行けませんでした。なぜかと言うと、ゴルフ場には大浴場やシャワーがあるのです。

何人かの上司に聞いた話だと、ゴルフが終わった後は大抵の人がお風呂に入るそうです。

そうなれば刺青サラリーマンはおしまいです。通常のサラリーマンにとってはゴルフは出世のツールになっているようですが、僕たち刺青サラリーマンにとっては死刑台のようなもんですね(笑)

刺青サラリーマンは割りと大変

というわけで刺青を入れたサラリーマンは意外と大変なんです。まあ自分が好きで入れた物ですし、入れなかった方が後悔するので、そんなに苦痛には思ってません。

けれどまだ入れてない人で、事務職に就きたいなと考えてる方は、刺青を入れる場所だけは考えた方が良いかもしれませんね(^ー^)

というわけで今回は刺青サラリーマンの苦悩について記事をかいてみました。

ご閲覧ありがとうございました。けんた店長でしたm(_ _)m


人気ブログランキング

↑応援クリックがブログ更新のモチベーションになります!(^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました