ついにJBBFの選手がステロイド使用を公言…。ナチュラルとして思う事とボディビルという競技の未来とは…。

筋肉

こんにちは。生涯ナチュラルビルダー兼YouTuberのけんた店長です。

今回の記事は少し重たいお話になってしまうのですが、ボディビルという競技を語るうえで避けて通れないテーマの「ナチュラルとユーザー」についての記事になっております。

生涯ナチュラルビルダーを貫く事を第一に10数年トレーニングに人生を捧げてきて、近頃特に考える事が増えたと感じるこのテーマについて、ナチュラルなりの考えを綴っていきたいと思います。

【業界激震】クリーンなはずのJBBFの選手がステロイド使用を公言(というかバレちゃった)

先日Twitterを開くと、とんでもないツイートが目に飛び込んできました。なんとJBBFの大会に10年以上出場していた某選手がステロイドの使用を公表したというのです。

よくよく調べてみると、自ら公言したわけではなくSNSにアップした動画に禁止薬物が映りこんでしまったために、しかたなく公言という形で使用を認めたそうです。

しかも最初は「自分の物ではない。彼女のものだ。」と嘘をついていたそうです。ですが逃げられないと踏んだのか一転して使用を認めたそうです。ビルダーの風上にもおけないやつですね。

しかもその選手はTV等のメディアにも出演しているようなちょっとした有名選手だったのです。わたくしけんた店長も実は何回かTwitter等で見かけていました。

彼はお医者様の卵だったようで、自身のTwitterで「僕がステロイドを使用するときは、医者をやめるときです。」なんてツイートを過去にしていましたが、いやいやとんでもない詐欺師ですね…。

過去にもドーピングで失格になった選手等はいたが今回はわけが違う…

さて、ボディビル界では過去に何人もの選手がドーピング検査で陽性になり、失格になったりバッシングを受けた選手はいます。ではわざわざ記事にするほど今回なにがそんなに特別なのか。

けんた店長的にはいくつか過去の例との違いがあると思うのですが、まず一つ目はメディアに取り上げられるほどの有名選手だったこと。二つめは検査で陽性になったわけではなくたまたまSNSのせいでドーピングがばれてしまった事。そして三つめは周りの反応の異常さです。この三つの異質さについて一つずつ説明していきたいと思います。

問題点その1…ドーピングを否定していた有名選手の犯行だった事

今回大会禁止薬物を使用したのはメディアに取り上げられるほどの有名選手だったこと。これは大きな問題点だと考えます。そもそもの話、競技に参加する選手はドーピングをしてはいけないはずなので、ドーピングをしながら大会に出場していた時点で大きな問題なのですが、更に今回はそれが有名選手の犯行だったことは、周囲が受けた衝撃は大きかったのかなと考えます。しかも彼はドーピングを完全否定していましたからね。

僕もかなり衝撃を受けた一人なのですが、そもそもドーピングが過去に例をみないほど蔓延する今のボディビル(フィジーク)界において、JBBFは僕の中で最後の砦のような存在でした。

もちろんJBBFの大会に出場している選手の中にも、「どう見てもナチュラルではないな…」と一目でわかるような選手もいます。

ですが「それでも大半の選手はきっとクリーンなんだ。」と信じていたのです。というか信じたかったのです。

ナチュラルで馬鹿正直に一生懸命やってる身としては、JBBFの選手だけは憧れの対象として存在していてほしかったのです。

それが今回の有名選手のドーピング公言により、もうなにがなんだかわからなくなってしまったのです。しかも仲間のビルダーに進められて使用したと言っていたので、他にもまだドーピングユーザーがいるという事ですもんね…。こうなるともう国内唯一のクリーンな競技団体だったJBBFに対する見方まで変わってしまいます。僕らナチュラルはいったいどういう目で競技を見ればよいのか…。

コンテストっていったいなんなんでしょう。

問題点その2…ドーピング検査はすり抜けていた事

今回の件で露呈したのは、ドーピング検査の限界です。そもそも今回選手のドーピングが発覚したのはSNSでの動画に映りこんでいた事がきっかけで、ドーピング検査で発覚したわけではなかったという事も大きな問題点かと考えます。

問題の選手は10年以上JBBF関連の大会に出場しております。本人曰くステロイドを使用していたのは2018年からという事でしたが、その他の禁止物質に関してはその前から使用していたとの事。

それなのに大会に普通に出場し続けられたという事は、ドーピング検査がほとんど機能していないという事になります。

もちろん検査に限界はあります。それは解っているのですが、これがまかり通っているという事は、他にもすり抜けて上手い事やってる悪い選手がいても全然おかしくないという事ですものね…。

真面目にナチュラルで出場している選手にとってはたまったもんじゃないですよね…。

問題点その3…周りの反応が異常すぎる事…。

今回の騒動で、わたくしけんた店長が一番ショックだった事がこの問題点その3です…。ドーピングを公言に踏み切った際の周りの反応があまりに異常だったのです…。

”ドーピング”というスポーツ選手にとっては最大級の悪行を公表したわけで、本来ならば死ぬほど叩かれて良い案件のはずなのです。ですがTwitterでその問題の選手がドーピングを公表した時、

それに対して寄せられた批判のコメントと同じくらい、賞賛のコメントも寄せられていたのです。「素晴らしい勇気ある行動!」「応援してます!」等々…。

それを見た時に、「え…?」と固まってしまいました。

だってドーピングをした選手にですよ?ドーピングを隠してステージに立ち「僕は反則をしていません!努力の賜物です!」と欺き続けてきた選手に対してですよ!?

なぜそんな最大級の極悪行為を働いた選手に賞賛と応援のコメントがこんなにも寄せられているんだ!?と理解不能すぎてわけがわからなくなってしまいました。

彼に敗れたナチュラルたちの気持ちはどうなるんでしょうか? 反則した選手が賞賛される競技とはいったいなんなんでしょうか。

競技を見てる側、応援する側にまでそんなにドーピング容認派がいるとは知らなかったので、物凄くショックでした。

しかも応援します!とコメントしてる人の中に、JBBFの大会出場目指してます!なんて人も混じってました。いやJBBF目指してる人がドーピングユーザーを応援するってどんな思考なの…。

ドーピングに対する意識の低下、考えの甘さ。

近頃筋トレYouTuberやインフルエンサーの活躍により、爆発的に競技人口が増えたボディビル&フィジーク界ですが、競技人口が増えたのは喜ばしき事ですが同時に多くの問題も増えてしまいました。

その問題の中で最も大きな問題なのが、”ドーピングに対する意識の低下”です。

もちろん昔からドーピングをしていた人はいたし、ボディビル界だけの話ではなく、格闘技界や、陸上競技界、果ては球技界にだってドーピングしている人はいます。

ですが近頃のボディビル&フィジーク界、ひいてはフィットネス業界は、あまりにもドーピングに対する意識の低下が見られると感じています。

SNSで簡単にフォロワーや注目を集められるから…、ドーピングしながら数年トレーニングすれば簡単に大会で活躍できるから…、

ドーピングに手を出す理由は様々ですが、大抵こんな風な安易な考えから手をだす若者が多いようです。

僕がボディビルを始めた10数年前はマッチョはあまり理解もされずなかば色物扱いでしたが、今はマッチョはお金になるのです。てっとり早くお金を稼げる手段としてドーピングを考えている人が多いのでしょう。

ですがそもそもドーピングは競技的には禁止行為なのです。それを今一度考えてみてください。そしてルールをしっかり守って一生懸命ナチュラルで頑張っているトレーニーもたくさんいるという事を思い出してあげてください。「勝てればどんな手を使ってもかまわない」という卑怯な選手にはならないでください。そしてドーピングはあなたの健康も著しく損ねます。大きなニュースにはなっていませんが死亡例も報告されています。

ナチュラルとユーザーは完全なる別物

ボディビルを語るうえで、ナチュラルとユーザーを同じ土俵で考える人がいますが、それは大きな間違いです。

ナチュラルとユーザーは全くの別物です。そもそもドーピングが認められている競技など存在しないのです。

「トップ選手はみんな暗黙の了解でやってるから」と勝手な理屈でルールを捻じ曲げないで頂きたいです。

ナチュラルとユーザーの決定的な違いは、ルールを守ろうと正々堂々努力をする人と、そうではない人です。スポーツにおいてここは一番重要な事なのです。

だってルールの上で競い合えないならそれはもうスポーツではなくただの”遊び”ではないでしょうか。

ドーピングを隠してステージに上がるビルダーは、ボクシングの試合でグローブの下に鉄板を入れてリングに上がるようなものです。

テレビゲームでいえば、チートコードを使用し対人戦に臨む悪質なチーターです。

そんなどう考えても悪の存在のようなユーザーが、ナチュラルと同じステージに上がって良いはずがないのです。そしてそれが容認されている今のコンテストはやはり異常なのです。

うっかりドーピングと意図的なドーピングの違い

どんな競技に出場する選手であれ、競技者ならば”うっかりドーピング”にも最大限に注意を払う必要があります。

僕も大会には出場しておりませんが(刺青が多すぎてJBBFの大会に出場できないため)、海外サプリはもちろん医者から処方された薬や、市販の薬などにも大会禁止物質が入っていないか毎回チェックしてから使いますし、

重度の花粉症なので予防注射を打ちたいのですが、ステロイド系の注射は打ちたくないのでレーザーでの手術をしたほどです。目薬や塗り薬などにも神経尖らせて禁止物質がないか調べてから使用しております。ナチュラルと公言するにはそれくらいうっかりドーピングにも気をつける必要があるとおもうのですが、同時に思う事は、うっかりドーピングと自ら進んで行う意図的なドーピングとでは、まるで罪の重さが別次元だという事です。

というのも、少し前まではうっかりだろうが意図的だろうがドーピングはドーピング。競技者であるならば同罪だ。と考えていたのですが、よくよく考えてみればインフォームドマークのついているサプリだって100%安全かと言えばそうとも限らないし、成分表に表記されていない物質が入ってしまっている可能性があるのはなにも海外サプリだけとは限らないし…、そんな風に思うようになってきたのです。

じゃあインフォームドマークがついている国内サプリだけを飲んでいて、もしもドーピングに引っかかってしまった選手がいたとしたら、その人はユーザーと呼ばれてしまうのかと考えた時に、それはちょっと違うのではないかと思ったのです。

現に筋トレ用のサプリではなく、普通の健康目的で販売されていたコエンザイムのサプリから禁止物質が検出されたなんてケースもありますし、サプリを疑いだしたらキリがないな…と思ったのです。

なので僕ら競技者としては、もちろんうっかりドーピングには最大限の注意を払う事はもちろんなのですが、成分表に表記されたモノを信じるしかないんじゃないかなと…。

それで成分表に表記されていない禁止物質が入っていて、それを意図せず摂取してしまった選手は、むしろ被害者なんじゃなかろうかと…、そう考えるようになったのです。

そう考えるとうっかりドーピングと意図的なドーピングはまったくの別物なんじゃないかと。まあこれは人によって考え方があると思いますが…。

ボディビルの未来とは

さて、今回の騒動から見えてくるモノとはいったいなんなのでしょうか。感じる事は人それぞれでしょうが、生涯ナチュラルビルダーとして筋トレに人生を捧げたけんた店長として思う事は、

僕たちナチュラルはどこを目指せば良いのだろうか? 反則してる人とルールを守ってる人が一緒のステージに上がる事のナンセンスさを、果たして見てる側の人は理解してるのだろうか?

そんなところでしょうか…。とにかくボディビルって競技はナチュラルで馬鹿正直にやってる人にとってはむくわれない世界だなあ…と。

大会で勝つのもユーザー。SNSで注目集めるのもユーザー。パーソナルで集客しやすいのもユーザー。なんて夢のない競技なのでしょう。

もちろんそれだけが全てではないですし、自分の限界に挑み続ける事に意味を感じてやってきたわけですし、ナチュラルでいる事に価値を感じていますしやめるつもりもございません。

ですがやっぱりこれだけ一生懸命やってきて、それを気持ちよく披露する場がない事(ユーザーが混じっているせいで)は、やはり悲しい事だと感じます。

ルールを守っている人間だけが馬鹿を見る競技なんて、果たして競技と言えるのでしょうか。反則しないと脚光を浴びれない世界なんて、果たして健全なスポーツと言えるのでしょうか。

競技人口が増えて喜んでいましたが、昔よりも更に世知辛い競技になってしまったような気がします。

それでもナチュラルを貫きとおす。

ここまでさんざんボディビル界に対しての愚痴ともとれるような事を書きなぐってきたのですが、それでも僕は一生涯ナチュラルである事貫きますし、そこに誇りを持っています。

なのでもしもナチュラルである事に意味を感じている人、同じくナチュラルで一生頑張りたい、自分の限界を極めたいという人は、是非とも僕の活動に注目していただきたいです。

トレーニング歴が10年を越えたあたりで、ナチュラルの限界に更に近づくために勤めていた安定した仕事もやめました。お酒を飲む事も友達と会う事もやめました。

2か月に一度美容院に通っていたのをやめて、3ヵ月に一度1000円カットにして浮いたお金もサプリに回してます。

ほぼ毎日の頻度で高強度で追い込み、時には失神したり内出血するほどトレーニングをしています。もちろん食事も睡眠も入浴まで筋肉に良いように徹底してます。

ここまで筋肉に人生を捧げた男の末路を、どなたか是非見届けてやってください(笑) じゃないとホント悲しすぎますので(笑)

と最後は自分の宣伝でございました…ゴメンナサイ…。

法規制してください

というわけで今回はボディビル&フィジークとドーピングについてかなり真面目に記事を書いてみましたがいかがだったでしょうか?

僕的にはもう法規制するよりないんじゃないかなと思います。

ではではご閲覧ありがとうございました。けんた店長でしたm(__)m


人気ブログランキング

↑応援クリックがブログ更新のモチベーションになります!(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました