スポンサーリンク

【筋肉コラム】~筋肉をつけると身長が伸びないってほんと?~【ナチュラルボディビル研究所/フィジーク】

筋肉コラム
スポンサーリンク

ナチュラルトレーニーの皆様こんにちは。

MDCバーベルクラブの代表、生涯ナチュラルトレーニーことナチュラルチェストモンスターけんた店長です。

今回のナチュラルボディビル研究所は【筋肉コラム】シリーズの記事になっております。

今回の筋肉コラムは、筋トレしてるトレーニーが気になる「筋肉をつけると身長が伸びないってほんと?」という疑問についてです。
是非最後までお付き合いくださいね。

MDCコング

“筋肉をつけると身長が伸びない”という主張は一般的に誤解されやすいトピックの一つです。実際のところ、筋肉のトレーニングが身長の成長に対して直接的な影響を持つことはありません。以下では、この誤解について解説します。

1. 身長の成長

人間の身長は主に遺伝子と成長プレートと呼ばれる骨の一部によって決定されます。成長プレートは骨の長さを増やすために軟骨から硬い骨へと変化する部位です。このプロセスは一般的に20歳前後まで続きます。したがって、成長プレートが閉じるまで、身長は増加し続ける可能性があります。

2. 筋肉トレーニングと身長

筋肉トレーニングは、筋肉の成長や強化に関連していますが、これは骨の成長には直接的な影響を与えません。むしろ、筋肉トレーニングは体力や健康を向上させ、姿勢を改善し、骨密度を高めるのに役立ちます。正しい姿勢は身長を最大限に活かすのに重要であり、筋肉のバランスが整った身体は良い姿勢をサポートします。

3. 運動と成長期の子供たち

成長期における適切な運動や栄養は、健康な骨と筋肉の発育に貢献します。子供たちは適切な栄養摂取と運動を通じて、最適な成長環境を提供されるべきです。ただし、極端なトレーニングや過度の負荷をかけることは、成長に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

4. 総括

筋肉トレーニングが身長の成長に直接的な影響を持つことはなく、成長期の子供たちにとって適切な運動はむしろ健康的な成長を促進します。健康な生活習慣、バランスの取れた食事、良好な姿勢、そして適度な運動は、身長を最大限に発揮するための要因として重要です。身長に対する遺伝的な要素は大きな役割を果たしますが、健康的な生活習慣によって最良の結果を得ることができます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました