大胸筋と僧帽筋を細胞核オーバーロードさせたトレーニング方法

筋肉

こんにちは!生涯ナチュラルビルダー原因YouTuberのけんた店長です~!

今回は細胞核オーバーロードについての記事になってます!ナチュラルさん必見ですよ~!

まずは恒例、けんた店長の筋肥大の歴史!

でました暗黒期の黒歴史写真…(´・ω・`)

このクソガリさでもジムでの筋トレ歴3年くらいだったんですよ…。筋トレ前の身体いったいどれだけ華奢だったんだ…orz

といってもこの写真は、やめてた筋トレを再開して1年くらいの写真なんです。実は17~19歳くらいまでの2年間本格的に筋トレをやったあと約5年ほど熱を失いまして…。

その間の5年間もたしなむ程度にはやってましたが、本格的に筋トレを再開したのは24歳くらいからでして、そこから本格的にジム通いを再開したんです。なので本格的な筋トレ歴は実質3年なので、このクソガリさというわけなんですね(笑)

さてそれでは次に28歳頃の写真を見ていきましょう。

これが28歳頃のけんた店長です。本格的な筋トレ歴は5年ほどの身体になりますね。

ウーン。当時は食事が上手く行ってなかったので、いくらハードにやってもどうしても細マッチョを抜け出せなかったんですよね。この写真も増量し始めの写真なのですが細いですね…。

ダーティバルクでデカクなった2020年

でこれが2020年の写真です。

2018年頃から始めたダーティバルク法が上手くいき、かなりのサイズアップに成功しました。もちろん脂肪も乗っててこの大きさですので、絞ったらもう少ししぼみますけど(笑)

体脂肪ゆるやかに減量中

でこれが2021年現在の写真です。どうですかね…?少し体脂肪落とし始めたのですがしっかりサイズ残ってますよね!?

まだ増量明け6ヵ月ほどなのでかなり脂肪も乗っていますが、クソガリだったあの頃のけんた店長からは想像もつかないほどのサイズに育ちましたよ~!

少しずつシルエットも戻ってきたので、これからも筋肉が落ちないように時間をかけてゆっくり減量していきます。

常軌を逸したトレーニングで手にいれた大胸筋と僧帽筋

普通にトレーニングしていたんじゃ、普通の身体にしかなれない。

これは尊敬するナチュラルビルダーの言葉なのですが、僕もまったく同じ意見です。

というわけで毎日毎日信じられないrep数をこなしたり、理論無視で無茶苦茶にやり続けた結果、自分史上最高の僧帽筋と大胸筋を手にいれる事ができたのです。

その代わり約2年間本当に毎日ハードすぎて意識が無くなったり、ぶっ倒れて小一時間動けなくなったりと正真正銘の地獄を見ましたけど…(´⊂_`;)

全部位は厳しいか

さて賛否両論ありますが、僕は細胞核オーバーロードという現象を信じておりまして、ネットで噂されているような方法や効果が100%ではないにしろ、何かしら近い存在の現象がある事は間違いないと睨んでおります。

ダーティバルク法を取り入れたのをきっかけに、細胞核オーバーロード的な何かが起きるような高強度&高頻度で2年間毎日追い込んできました。その結果上の写真のような僧帽筋と大胸筋を手にいれる事ができたのです。

もちろん100%ナチュラルでです。99%根性論でやったので、理論派トレーニーからすると信じられない追い込み方をして、常識とは少しかけ離れたトレーニング法だったとは思いますが、現に大きな筋肉を手にいれる事ができたのです。

ただし全部位に同時にそれを起こすのはおそらく不可能に近いと思われます。

実際僕は仕事をやめて24時間の全てを注ぎ込み、常軌を逸したトレーニング方法を2年以上毎日続けましたが、細胞核オーバーロード的な何かが起きたと思わしき部位は、せいぜい大胸筋と僧帽筋の2部位程度に終わりました。

自分的には腕も背中も、脚も肩も全てにおいて同じようなトレーニング方法を用いたのですが、全部位が進化を遂げる事はありませんでした。特にカーフに関しては「え…?これ発達してる…?」と思うほど伸びなかった…。

どうやったら細胞核オーバーロードは起きる?

ネットで書かれていた方法のやり方だと、さすがにトレーニング内容が偏りそうだったので、僕は自己流で色々と試してみました。そのやり方の一例をざっくり説明すると…。

めまいがして視界がぼやけるくらいの強度で、同じ部位を最低週3日やる。毎日ハイカロリーで臨む。以上!(笑)

これを2年間ほぼオフ無しでやり続けてみたら、全体的に身体が大きくなりました。

ただし著しく発達したのは大胸筋と僧帽筋くらいでした。全部位同じ追い込み方でプログラムを組んだのですが、やはりつきやすい部位、得意な部位がここでも出るんですかね…。

ケガだけには注意

上記のやり方でトレーニングプログラムを組む場合、一番気を付けなくてはならないのはケガです。

細胞核オーバーロードって、僕の解釈だと意図的にオーバーワーク状態を作り続ける事だと思うんです。だけど本当にオーバーワーク状態がピークに達すると、それはケガとして身体に事象が現れてしまうので、そこのギリギリを攻め続けるのが難しいんです。

なので日々たくさん栄養素と睡眠を取って、トレーニングで傷ついた身体を常に回復させる事が重要だと考えます。

けんた店長式【細胞核オーバーロード】の起こし方

さてこれだけだとあまりに漠然とした記事になってしまいますので、実際にけんた店長が行った細胞核オーバーロード的な何かが起きたと予想されるトレーニング法をご紹介致します。

と思ったらかなり前の記事で紹介していたので、同じことを二度書いてもしかたないので気になる方はそちらをご覧くださいませm(__)m

この地獄のトレーニング法を真似できるかな…?

ナチュラルの希望となるか

僕たちナチュラルはどうしてもユーザーに比べるとバルクで負けてしまいがちです。しかしこの細胞核オーバーロード的な何かは、一部位から二部位程度ならもしかすると負けないくらいの大きさを手に入れられるかもしれない、いわばナチュラルの希望の光のようなモノなのではないでしょうか。

卑怯なユーザーにせめて一矢報いるために、細胞核オーバーロード的な何かを信じて、常軌を逸したトレーニングをし、やつらに一泡吹かせてやろうではありませんか!レジスタンス!

というわけで今回は細胞核オーバーロード的な何かについて記事を書いてみました。

長々とご閲覧ありがとうございました。けんた店長でしたm(__)m


人気ブログランキング

↑応援クリックがブログ更新のモチベーションになります!(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました