スポンサーリンク
SNSschool
☝️本気で社畜を抜け出したい人募集中☝️

スポンサーリンク

【ボディビル】原因不明…右腕に謎の痺れ【フィジーク】

筋肉

ナチュラルトレーニーの皆様こんにちは。

MDCバーベルクラブの代表、ナチュラルチェストモンスターけんた店長です。

今回のナチュラルボディビル研究所は、トレーニング歴16年の筋トレガチ勢(けんた店長)を襲った【原因不明の謎の痺れ】についての記事になっております~m(__)m

トレーニング歴16年、全身ボロボロ…。

ナチュラルビルダーけんた店長

↑気がつけば僕(けんた店長)もトレーニングガチ勢歴16年目を迎え、ナチュラルトレーニーとしてやっと中堅処と呼ばれる域に達してきたのかなと…。

しかし16年間来る日も来る日も身体を酷使し続けてきたので、関節や骨、神経や筋肉など、身体の至るところに最近ガタがきているんです…(´⊂_`;)

肩、腰、膝の故障

今までにあった大きな故障としてはまず左肩、原因としてはベンチプレスが大きな原因と考えられます。

そして次に左膝(膝裏の筋?)の故障です。

これはアメフトの連中に連日下半身しごかれまくったのが原因です(笑)

半年間くらいレッグカール5kgも巻き込めなくなってしまいました(笑)

そしてけんた店長のトレーニング人生史上最も大きな故障は【】です…。

これはムチャクチャなフォームで高重量の床引きデッドリフトをやり続けたのが原因で、故障してから5年以上経つ今でも後遺症というか日常生活に支障が出ているほどです( ω-、)

なので若いトレーニーの皆様、怪我には本当に気をつけて下さいね…。

トレ16年目右腕の痺れ

謎の腕の痺れ

そしてトレーニング歴16年目の2023年夏…、ソファーで昼寝をしていて目覚めた時、なんだか右の腕に違和感が…。

ウーン、なんだか痺れる…(´⊂_`;)

といってもこの時はまだ「まあ寝てる間に腕が下敷きになっていたせいで血が止まってたんだろうな…」くらいに思っていました。

しかし何分経っても、何時間経っても、何日経っても、右腕の痺れはとれませんでした…(´⊂_`;)

けんた店長
けんた店長

なんなのこれ…。

高重量が原因?

250kgバーベル

痺れの原因を考えてみたのですが、2023年の減量が一段落してからは自身のMAXを伸ばすことに専念しており、日々自分なりの高重量にアタックしているんです。

250kgシュラッグ

特に「痛めた!」という瞬間は無かったのですが、もしかしたら想像以上に身体に負担がかかっていたのかもしれませんね…。

ナチュラルチェストモンスターけんた店長

けんた店長は元々骨格が華奢で、ボディビルを始める前は体重40kg代のガリガリBOYだったんです。

そのため200kg以上の重量を扱うと、骨格や神経へのダメージがなかなかに重たいんです。

けんた店長
けんた店長

でもそれが本当に原因なら、昼寝して起きたタイミングで急に痺れだしたってのはなぜなんだ…?

…確かにもし高重量のアタックが原因ならば、せいぜいトレーニング後の夜に痺れだすとか、せめて次の日の朝から痺れだしたとかならわかるのですが、全然関係ないオフの日に昼寝してて起きたら痺れてたってのは良く解りませんよね…(´⊂_`;)

ググってみた

一週間以上痺れがとれないので、不安になって症状をググってみたんです…。

すると考えられる疾患は多数あるみたいなんですが、どうやら神経系の不具合のようです。

けんた店長
けんた店長

しかも不安になるような事ばっかり書いてある…。

検索結果のいくつかのページを見たのですが、だいたいどこにも書いてあったのが、放っておくと悪化して最悪麻痺に繋がるとのこと…(´⊂_`;)

いやいや右腕麻痺なんかしちゃったらベンチプレスもデッドリフトもできないですし、もうボディビルできないですから、正直いってめちゃくちゃ不安ですよ…(´;ω;`)

病院にはいかず!

250kgバーベル

しかし症状をググって不安にかられてから数日経ちましたが、結局病院には行ってませんし今のところ行く気もありません…。

しかも痺れた腕のまま相変わらず高重量にアタックし続けてます(´⊂_`;)

このままだと良くないのかも分からないのですが、でも神経系の不調で病院に行っても、過去の経験上なかなか原因もハッキリとせず、「とりあえず安静にして運動は控えてください」としか言われないで具体的な治療や原因の究明ができた試しがないんですよ…。

これはたまたまけんた店長がチョイスしてる病院が悪いのかもしれませんが、原因も突き止めてもらえずに1日潰して病院に通って、運動は止めてくださいしか言われないんじゃ、トレーニングの妨げにしかなってない気がするのです。

骨やどっかの筋が切れたとかならレントゲンやらなんやらで見た目で解るんですが、神経ってのは身体中に無数に走っていてどこに不具合の原因があるのか突き止めるのがめちゃくちゃ難しいらしいのです。

運動は控えてくださいと言われてもトレーニングを止めるわけにはいきませんし、だったら自然に回復、治癒するのを期待しつつ、いつも通りの強度とボリュームを維持してトレーニングしてたほうが精神衛生上良いんです(あくまでもけんた店長の個人的な見解)

というわけでもっともっと悪化して本気でトレーニングに支障が出ない限り、今のところは病院に行く気はないんです(;>_<;)

けんた店長
けんた店長

だからいつも緊急入院とかになっちゃうんだろうけど…。

真似しないで下さいね。

行けるところまで行く

というわけで今回は、けんた店長の突然の右腕の痺れについて気字を書いてみました。

病院に行かずにいつも通りトレーニングをする事に決めたのは、あくまでもけんた店長の個人的な考えによるものなので、読者の皆様はちゃんと症状を見極めて病院に行く必要があるときは行って下さいね(;>_<;)

まあ近日中に自然に痺れがとれることを願って、記事を締めさせて頂きたいと思います…(笑)

というわけでご閲覧ありがとうございました。

ナチュラルチェストモンスターけんた店長ですm(__)m


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました