ステロイド高校生【ボディビルとドーピング】

筋肉
スポンサーリンク

こんにちは!生涯ナチュラルビルダー兼YouTuberのけんた店長です!

今回の記事では、YouTubeの僕のコメントに対して投稿された、とある方からの返信について少し皆様と考えていけたらと思います。

今のボディビル界が置かれる絶望的状況が、きっと少しは感じられるような内容になるかと思います。

きっかけ

今から半年ほど前に、とあるステロイドに関する動画に↑のスクショの通りのコメントをしたのです。

僕と同じくナチュラルで頑張る方から賛同のコメントが来たり、いくつかのいいねを頂いたりしていたのですが、

最近になって少し気になる返信がついたのです。

高校生ステロイダーからの返信

これがその気になる返信です。

人柄はとても良さそうな方ですし、ステロイドの恐ろしさを伝えてくれてますし、尚且つ最後は応援のお言葉で締めくくってくれています。

ですがどうしても無視できないのは、高校生3年生という若さでステロイドに手を出してしまったという事です。

しかも「1年前に」と仰っておられるので、高校2年生の時には既にドーピングに手を染めてしまっていたという事になります。

残念すぎる…

とても後悔してるようですし、丁寧にステロイドの恐ろしさや副作用などを伝えてくれようとしてるので、とっても心が苦しいのですが、やはり正直な気持ちとしてはドーピングに手を出すのは同じアスリートとしてとても残念だと言う事です。

高校2年生という事は、長くてもトレーニング歴はせいぜい5年前後かと思います。

そのトレーニング歴でドーピングに手を出してしまうというのは、あまりにも早すぎたかなと…。

たしかにトレーニングを始めてからの1~2年は面白いくらいに身体が成長していきます。

そしてその後に”壁”を感じるのも解るのです。ナチュラルなら誰しも感じる【成長の壁】ですからね。

ですがそれを打ち破るのにドーピングという選択をしてしまうのは、絶対に間違いなのです。

一度でもドーピングしたら二度と戻れない

返信をくれた高校生ステロイダーの方は「今はステロイドなしでやってる」と仰っておりますが、今はやめていたとしても一度でもドーピングに手を出した人はもう二度とナチュラルには戻れないのです。

そこがドーピングの恐ろしさの一つでもあって、安易な気持ちで手を出してしまい、そのあともしも後悔する時が来たとしても、もう二度とアスリートに戻ることはできないんです。

ドーピングとは悪魔に魂を売り渡すような行為なのだと、アスリートの方は肝に命じなければなりません。

まとめ

というわけで今回はボディビル界のドーピングの実態の一端が垣間見えるお話でしたがいかがだったでしょうか。

高校生が気軽にインターネットでアナボリックステロイドを購入できるという、まさに絶望的状況に置かれるボディビル界。

かといってコンテスト参加者の過去のドーピングを暴く手段もなければ、いくらでも抜け道のある世界ですから、コンテストはドーピングユーザーによってどんどん汚染されていく事でしょう。

今回返信をくれた高校生ステロイダーの方はとても後悔してるようですし、最後にはナチュラルを応援してくれるようになったようですが、ボディビル界の危機的状況をまさに浮き彫りにしてくれました。

この先日本のボディビル界はどこに向かって進んでいくのでしょうか。

そしてナチュラルを貫き続けている僕や、僕のトレーニング仲間は、いったいどこを目指して頑張っていけば良いのでしょうか。

これはもうスポーツ目的のドーピングは、法律で規制するしかないんじゃないかなと思います。

ではではご閲覧ありがとうございました。けんた店長でしたm(_ _)m


人気ブログランキング

↑応援クリックがブログ更新のモチベーションになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました