【刺青】カリフォルニアタトゥーエキスポ2019 part.2

タトゥー

こんにちは けんた店長です。

前回に引き続き今回もカリフォルニアタトゥーコンベンションのお話です。というかカリフォルニアの話は書きたい事ありすぎて尽きないので、定期的にやっていこうと思います。タトゥー関係もそれ以外も含め。

和のモチーフ人気がすごい!!

カリフォルニアのタトゥーコンベンションに参加してみて嬉しかった事がたくさんありまして、その中に”和のモチーフの人気の高さ”があります。

自国のカルチャーが海を渡ったアメリカで人気があるってとっても嬉しいですよね。それを生で体感してとてもテンションが上がりました。まず会場のいたるところで見かける「ドラゴンボール」(笑)

ドラゴンボール人気がやはり半端じゃなかったです。色々なブースのアートブックや見本のタトゥー写真にドラゴンボールのキャラを見かけました(笑)    

やはり日本のアニメ人気はすごいですね。DBの他にもジブリ系や僕の知らない萌え系キャラなど多種多様なキャラを見かけました。

アニメ系の他だとやはり「侍(サムライ)」人気がすごかったです。僕自身もコンベンション一日目に生首を持ったゴーストサムライを太ももに彫っていただいたのですが、二日目見せびらかして歩いていたら色んな人から声をかけられたり写真を撮られたりしました。これは素直に嬉しかったです。

【高画質版】カリフォルニアでタトゥー彫られ実況 [1300]
コンベンションでの彫りの様子

他には「漢字」や「桜(サクラ)」なども人気でした。ちなみにですが韓国だか台湾だかのスタジオの和彫りがコンテストの一部門で賞をとってましたよ。日本の文化は広まってますね!(*’ω’*)

賞をとった彫り師さんと彫られ師さん

余談ですが、近ごろは和の刺青の事を総称して「和彫り」と呼ぶ人が多いですが、本来は手彫りで彫る和の刺青の事を「和彫り」と呼びます。     

ただ今は和のモチーフや刺青の事を総じて和彫りと呼ぶのが流れですし、そちらの方がスムーズな面もあるので僕も手彫りマシン彫り関係なく、和の刺青の事を総じて和彫りと呼ぶことにしております。

2020年も行くぞカリフォルニア!!

というわけで軽くコンベンションを振り返りましたが、長くなりそうなのでいったんこの辺でCALIFORNIA GOLDEN STATE TATTOO EXPO 2019のお話を終わりたいと思います。まだ書きたい事たくさんあるのでそのうち続きは書きます。

ちなみに2020年のゴールデンステートタトゥーエキスポにも参戦予定です。次回はおみやげ付きのクラウドファンディングを実施しようと考えていますので興味ある方はお知らせをお待ちくださいませ。

というわけでけんた店長でした。サヨンナラー

フェイスタトゥーがクールすぎるチカーノの紳士
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑ブログ更新のモチベーションのためクリックして頂ければとても励みになります(;´・ω・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました