【アンチステロイド】ナチュラルでいる事のアドバンテージってなんだろう…?

筋肉

こんにちは!生涯ナチュラルビルダー兼YouTuberのけんた店長です!

今回はまたボディビルとドーピングについてのお話になってます~。

最近ぼくのYouTubeチャンネルやブログ記事でやたらドーピングについての話題が多いのは、以前記事にもしましたが、JBBFの大会やメディア等にもしらっと出続けていた悪質なユーザーの一件から、今まで以上に”ボディビルとステロイド”について考えるようになってしまったのが原因なんですよね~。

まさに異常事態

ボディビルとドーピングと言うと、人によっては「そんなの当たり前じゃん」なんて思ってしまうかもしれませんが、最近が異常なだけで昔はそこまでユーザーの数は多くなかったと思います。

もちろん昔からいたことはいましたが、インターネットが普及していなかったため、誰でも買えるというわけではなかったし、かなり限定的なルートからじゃないと手に入れられなかったんです。

そもそも僕も長年ボディビルをやっておりますが、ステロイドやホルモン剤なんてどこで誰から買うモノなのか知りませんでしたからね(笑)

しかし最近ではインターネットで普通に売ってる時代になってしまったし、ステロイド打ちまくりの若い筋トレユーチューバーなどの影響で、ほんとにもう”異常事態”と言っていいほどの【ドーピング蔓延時代】が到来しているのです。

約15年間、ボディビルに人生を賭けてきて思う事。

最近のこのドーピング蔓延、ユーザーのアウトブレイクを見ていて僕が感じる事は、「死ぬほど悲しい」という事です(-_-;)

ボディビルに打ち込むために友達とも遊ばず、仕事もやめ、酒もタバコも全部やめて人生を賭けて打ち込んできた大好きなボディビルが、汚いユーザーたちの台頭によってもう救いようのないくらい汚染された競技になってしまいました。

いや、もうすでにボディビルは競技なんて呼べる代物ではなくなってしまったのかもしれません。

僕たちのようなナチュラルで一生懸命やってる連中は、いったいどこを目指して頑張ればいいんでしょうかね(;’∀’)

自己中心的なユーザーの言い分

ユーザーやユーザー擁護派の人たちが口を揃えて言う事が、「価値観の違い」という事です。

要は勝つためにはみんな使っているんだし、そういう世界なんだから使って当然だろと言うのです。

それが理解できないのは価値観が違うからなんだよと、こう言うのです。

果たして本当にそうでしょうか?

全ての競技、スポーツにおいてドーピングが許されている物はありません。それなのにただ自分が勝ちたいからという理由でルールを破り、「周りも使っているから」とか「そういう世界だから」と言って簡単に片づけられる事なんでしょうか?

確かに最近のボディビルやフィジークの世界がドーピングありきになりつつあるのは嘘ではないでしょう。ですがそれでも一生懸命ナチュラルでルールを守り戦っている選手が一人でもいる限り、”価値観の違い”なんて言葉だけで正当化できるようなそんな簡単な事じゃないと思うのです。

ユーザーはただ自分たちの”勝つためなら手段を選ばない”というワガママを正当化しようと、五択を並べているに過ぎないと思うのです。

どんな綺麗ごとを並べようとルールを破り、応援しているファンたちを欺き続けている事実は変えようがないんです。

ナチュラルのアドバンテージってなんだろう…。

さて、さんざんユーザーをこき下ろしたところで考えていきたい事が、「ナチュラルでボディビルを続ける事のアドバンテージっていったいなんだろう…」という事です。

この疑問への答えが出なくて、最近ずっとモヤモヤしているんですよね…(-_-;)

健康…?

いやナチュラルでデカくなるためには地獄のようなトレーニングを何年も続けていかなければならないし、ナチュラルでも間違いなく健康は損ねていますね…。もちろんユーザー比べれば遥かに良いでしょうけど…。

じゃあナチュラルは嘘をつかないから、清々しく競技に打ち込める…とか?

いや…、それは自分自身の中での問題ですし、そもそもコンテストに出てユーザーに負けたら清々しいわけないしな…。

ウーーン…。だめだうなされそう…。

そもそもこんな事を考えなくちゃいけない競技って…。

結局疑問に答えは出ないままですが、そもそもの話こんな事を考えなくてはならない競技って、もはや競技って呼べないですよね…。

だってナチュラルであることのアドバンテージもクソも、本来ならばアスリートはナチュラルである事が前提のはずですからね…(-_-;)(笑)

ナチュラルとユーザーが両立されてしまっている今のボディビルっていったいなんなんでしょうね?

スポーツ…、いやただのエンターテインメントというかショーなんじゃねえかな…。

いや、これ以上考えると嫌になってしまいそうだからやめておこう…。

それでもナチュラルにこだわる

とまあここまでボディビル界について嘆いてみましたが、それでも僕はボディビルをやめるつもりもないし、ナチュラルであることをやめるつもりも微塵もありません。

結局自分の身体を、自分の理想に近づける事が楽しいですし、ナチュラルでどこまで行けるのかも知りたいですし、いつの間にかこんな元クソガリの僕にも憧れてくれる人が出てきてくれたりと、なんだかんだで楽しめてはいますからね(#^^#)

でもやはりユーザーの存在はどうしても腹立たしいし、一般人や初心者を騙してパーソナルトレーニングを教えたりしてるのも許せません。

そんなスポーツ界の癌とも呼べるユーザーなんかと比べられても面白くないですし、僕の絞った身体はコンテストではなくSNSなどでの発表になるでしょうね…(;^ω^)

でもさすがに一生懸命命を懸けて造った身体を発表する場が、SNSだけというのはあまりにも悲しいので、いつかナチュラルボディビルの仲間を集めて、こじんまりした発表の場みたいなものを作れたら良いなと思ってます(#^^#)

まとめ

というわけで今回はまた”ボディビルとドーピング”について記事をかいてみました。

もしもナチュラルで一生涯がんばっていこうと思っている同志の方いらっしゃいましたら、是非僕のYouTubeチャンネルにも遊びに来てくださいね(#^^#)

ではではご閲覧ありがとうございました。けんた店長でしたm(__)m


人気ブログランキング

↑応援クリックがブログ更新のモチベーションになります!(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました