筋肥大の為にはまず○○を捨てよう

筋肉

こんにちは。YouTuberのけんた店長です。まだまだ絶賛増量中のためカットはほとんど出てませんが、背中の強化が割りと上手くいってます。

タトゥーが邪魔であまり凹凸は見えませんが数年前よりも確実にデカクなりました。

筋肥大のコツ

元々が華奢だったせいか、「どうやって筋肥大させたんですか?」と良く聞かれるのですが、一番のコツは【見栄(みえ)】を捨てる事かなと思います。

なぜそれが筋肥大の為になる?

どういう事かと言いますと、ジムにトレーニングに行くとどうしても周りの目があるので、やるつもりがなくてもつい重ための重量設定でメニューを組んでしまった…みたいな経験ありませんか?

「今日は軽めの重量でレップ数を増やそう」なんてジムにつく前までは考えていたのに、いざトレーニングを始めようと思ったら近くに綺麗なお姉さんがいたのでついMAXに近い重量でトレーニングしてしまった…。

そんな経験ある人いますよね?(笑)

というか僕がまさにそうだったんです(笑)

なのでどうしても高重量低回数のトレーニングメニューになってしまいがちだったんです。

ですがある時、「このままじゃダメだ…理想の身体に近づけない…」とついに見栄を捨てる決意をしたのです。

捨てる決意をしてからの変化

例えばラットプルダウンであれば90kgで1~2回引いていたのを、60kgほどで10回ほど引くように変えました。

ベンチプレスも100kgを数発無理に上げていたのを、40~60kgで丁寧にスローで10回やるようにしました。

これだけでパーツごとの発達の効率がかなり上がったのです。

重さは下がったのになぜ筋肥大?

ようはチーティングや勢いを利用して高重量を上げて、他の部位に負荷が逃げてしまってるベンチプレスよりも、重量は軽くてもしっかり大胸筋にだけ負荷が入るベンチプレスの方が筋肥大には適していると言うことです。

周りの目を気にせずに

ジムに行くとどうしても見栄を張って重たい物に挑戦してしまいがちですが、もしもあなたが筋肥大に行き詰まっているのならば、まずは見栄を捨てる事から始めてみてはいかがでしょうか?

というわけでご閲覧ありがとうございました。けんた店長でしたm(_ _)m


人気ブログランキング

↑応援クリックがブログ更新のモチベーションになります!(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました