ステロイドユーザーは平気で嘘をつくので注意!

筋肉
スポンサーリンク

こんにちは!生涯ナチュラルビルダー兼YouTuberのけんた店長です!

今回の記事はまたまた、我らナチュラルの天敵ドーピングユーザーに関する記事になっております!

ユーザーは詐欺師!気をつけて!

僕のYouTubeチャンネルのリスナーさんから良くこんなコメントが来るのです。

「◯◯選手はどうみてもユーザーの体つきなんですが、ドーピングは否定してます。ということはナチュラルなんですかね!?」

「筋トレYouTuberの◯◯は本人がナチュラルだと言ってるので多分ドーピングしてません!」

なとなど…。

要はどっからどうみてもユーザーなのに、「ドーピングしてません」と言ってるのでしてないって事ですよね?…と言いたいみたいなんです。

なんと純粋な良い子たちなんでしょう…!(*´;ェ;`*)

アナボリック全快の身体や、人間をはるかに越えた成長速度を目にしてもなお、本人が否定してるので使ってないんじゃないか…と騙されてしまっているのです(*´;ェ;`*)

いやもうほんとユーザーは罪作りですね…。こんな純粋な子たちを騙し続けて、良心は咎めないのでしょうか?

ユーザーは簡単に嘘をつく

残念ながらいくら「ドーピングしてません」と言っていても、実際のところはわからないのです。

僕も信じてしまっていた時期がありました。

どうみてもユーザーのそれなんだけど、本人がめちゃめちゃにステロイドをディスしてたので、「本当に使ってないんだな」と信じてしまったのです。

まあそのどうみてもユーザーのそれっていうのが、かの有名な【JBBFの大会にドーピングして出続けていた河◯選手】なんですけどね…(´⊂_`;)

まんまと騙されてしまいましたよ僕は…。河◯選手なんて言うのも腹が立ちますね。ステカツだな。

だって彼、「僕がステロイドをやる時は医者をやめる時ですね。」なんてツイートしてたんですもん…。さすがにそこまで言うのなら違うのかななんて思っちゃいますよ…。

なのに結局彼はさんざん言い訳をした挙句に逃げ切れないと解るや否や、普通にステロイドもやってたしその他のドーピング禁止物質も摂取してたと公言しましたよね。まあ公言というか正しくは下手こいてバレてしまっただけなんですけど…(笑)

ドーピングがバレたあとも平気でSNSを更新し続けてるし、挙句の果てには開き直ってるし、彼のメンタルは常人には理解しがたいレベルですよ(笑)

というかステロイドの副作用で常人の思考回路では無くなってしまったのかもしれませんね…。そんな人が医者をやってて大丈夫なのだろうかと心配になったりもしますが…。

このようにユーザーはいとも簡単に嘘をつくんです。なので判断は成長速度や身体で判断しましょうね(;>_<;)

ジムぐるみで使ってる悪質なパターンも

「ステロイドなんて使ったら所属ジムにも迷惑がかかるし絶対やらないよ」

なんて言っててそもそもジムぐるみでドーピングしていた…なんてパターンもけっこうあったみたいですし、もうほんとユーザーってのは完全なる詐欺師ですね…。

ジムぐるみなんてのはもう詐欺組織だな…。

ユーザーが減らない限りボディビルは競技にもスポーツになれない

近ごろはユーザーがあまりにも多すぎて、見るがわの価値観もおかしなことになってきてしまってますが、一つ忘れないで頂きたいのが、

ドーピングユーザーが減らない限りは、ボディビルは永遠にショーのままなんです。

ユーザーが減らない限りボディビルは競技にもスポーツにすらなれないんです。

ドーピングありきの世界なんて、ルール無しの無法地帯ですからね…。ルールの無いスポーツなんてスポーツと呼べるわけないですから。

河◯のドーピングがバレた後のツイートにも、いまだに「大会次いつ出るんですか?」なんて聞いてるドアホがいるくらいなので、もう既にボディビルは終わってしまってるのかもしれません。

ドーピング公言したユーザーに「大会いつ出るんですか?」なんて真面目に聞いてるやつがいる状況ってマジでもう深刻にヤバイですからね…。

まとめ

というわけで今回はユーザーは詐欺師なので簡単に嘘をつくという事をわかってほしくてこんな記事を書いてみました。

書いててイライラしてきてしまい、だいたいドーピング関係の記事は少し攻撃的になってしまいますが、どうかご容赦下さいね。

それほどまでに今のボディビル界の破滅的状況を嘆いているんです。

心から愛していたボディビルの世界が、ユーザーによってどんどん汚染されていく様は見るに耐えないのです。

というわけでご閲覧ありがとうございました。けんた店長でしたm(_ _)m


人気ブログランキング

↑応援クリックがブログ更新のモチベーションになります!(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました